セーフティ|東京、札幌、仙台、名古屋、大阪を中心に全国に拠点。大規模修繕工事、コンサルタントはTOHOにおまかせください。

コンセプト

-1.セーフティ-

工事中も工事後も。住んでいる方の不安を安心に変えるアイデアがあります。

「通常時の安全は当たり前。不測の事態や災害時のことまで含めた対策を立ててこそ、真の安全管理である」
安全管理のための対策は、業界トップクラス。工事期間中は、安全性を高める手順から、誘導員などのスタッフのレベル、最新の防犯システムまで、数々の対策を採り入れました。夜間、休日等の時間外も、連絡網を駆使して24時間スピーディに状況を把握し、確実に対応します。またTOHOでは、地震対策のための耐震補強工事や、セキュリティ機能の強化など、安全に関する性能を高めるメニューをさまざまにご用意。業界水準の上をゆく安全対策とアイデアは、みなさまの心をいつも安心でいっぱいに満たすチカラがあります。

性能・美観の回復

あなたのマンションに、安心の笑顔がいっぱいに広がるために。
安全大会
安全大会
合同安全パトロール
合同安全パトロール

工事中事故ゼロ実現のために、協力業者とともに研究しています。

安全サイクル実施要領

協力業者とともに定期的に安全のための研修会や安全大会を開催、たえず技術力・意識を高めています。工事中は安全朝礼、安全ミーティング、安全パトロール、安全工程打ち合わせ、持ち場後片付け、終業時の確認を毎日欠かさず行う「安全施工サイクル活動」を義務づけました。また居住者の方が心から安心できる工事を行うために、お客様との対話も大切にし、実践しています。

機能・品格の向上

マンションの未来の安全・安心を「見える化」する提案があります。

法改正前に建てられたマンションも、地震大国仕様に強化できます。

耐震補強補強
耐震補強工事

宮城県沖地震(1978年)をきっかけに、新耐震補強基準(1981年)が施行されました。これ以降に建てられた建物には新基準による建築が必須となりましたが、施行前の建物となると耐震補強性能への不安はぬぐえません。TOHOはこうした建物の強度をアップする耐震補強補強工事も行っています。また玄関扉を耐震蝶番に付け替えることにより耐震性能がアップし、避難時の開閉をより確実にします。こうした耐震対策を施すことにより、建物の資産価値と暮らしの安心を高めます。

不審人物をシャットアウト。多彩なセキュリティをご用意しています。

耐震補強補強
エントランスのオートロック化

古いマンションには、防犯のための設備や対策が不充分なものもあります。マンションにおけるセキュリティ強化は欠かせぬもの。今日では防犯カメラ、映像付インターホン、指紋認証型オートロックの設置など、セキュリティ強化のための設備・手段も豊富です。多様な要望に合わせたセキュリティ対策をTOHOはご提案いたします。