TOHO株式会社 北海道支店 工事部 山田 一貴

お客さまからいただいた感謝の手紙が、
きついとき・つらいときでも支えてくれる。

山田 一貴Kazutaka Yamada

2011年入社 北海道支店 工事部

TOHOに入社を決めた理由

創業100年以上の歴史があり、自分がやりたい仕事ができる環境。

私は最終的には現場を管理する仕事に就きたいと考えていましたが、その前に現場での仕事を経験しておいた方がいいと考え、配管工として4年間経験を積みました。そして目標だった施工管理の仕事に挑戦したいと考えて選んだのが当社です。施工管理に関しては何も知識も経験もない状態でしたが、面接時に先輩がしっかりサポートするということで入社を決意しました。実際入社すると、先輩と一緒に仕事をしながら「これはこうした方がいい」とか「なぜこのように仕事を進めるか」など、一つひとつ丁寧に教えてもらいました。そのおかげでスムーズに仕事を始めることができたと思います。仕事のことだけではなく、一昨年に子供が生まれたときには相談に乗ってもらうなど、面倒見のいい人が多く、本当に人には恵まれていると感じています。

現在の業務内容

マンション大規模修繕工事の安全・品質・工程管理を担う施工管理を担当。

私たちの役割は安全にスケジュール通り工事が進むように現場を管理することです。具体的には工事現場で働いている作業員さんが安全に作業できるよう管理する「安全管理」、施工した部分に不備がないかなど品質を確認する「品質管理」、工事が予定通りに進んでいるかを管理する「工程管理」を行っています。マンション大規模修繕工事の場合、新築工事とは違い、マンションに住んでいる方が生活している中での工事となります。そのため居住者の皆さまへの配慮やコミュニケーションが大事です。私はお客さまが出勤される際やゴミ出しなどでお会いした時には必ず元気良く挨拶するよう心がけています。今はまだ現場の管理が中心ですが、今後は契約業務にも携わってみたいです。

今まででいちばん記憶に残っていること

工事が終了した時に、入居者様から感謝の手紙をいただいたことが忘れられない。

無事工事を終え、居住者の皆さまから感謝の言葉をいただけるのがこの仕事のやりがいです。今でも忘れないのが入社5年目に携わった15階建て・76戸のマンションの修繕工事に携わった時のことです。4月から8月まで5ヶ月間の工事を終えて後片付けをしていたところ、居住者の方が現場事務所までわざわざ手紙を持って来て下さったのです。「とてもキレイになり爽快です。ありがとうございました」という文面を見た時は感激しました。またもう一通、小学生の男の子からも手紙をもらったのですが、その手紙には小学生らしい文字で「長い間ありがとうございました。おかげで住み心地が良くなりました」と書いてありました。今でもその2通は会社の机の引き出しの中に大切に保管していて、辛い時はそれを見てパワーをもらっています。

Messageメッセージ

TOHO株式会社 北海道支店 工事部 山田 一貴

どんな仕事でもみんな始めはゼロからのスタート、条件は同じです。当然不安もあると思いますが、まずは自分を見失わずに・焦らず着実に一歩ずつ就職活動を進めていってください。
「私を採用しないと後悔しますよ」ぐらいの意欲で面接に臨めば、あなたの熱意は必ず採用担当者にきっと伝わるはずです。就職活動では大変なこともたくさんあると思いますが、くじけずあなたらしさを大切にして、自分にピッタリの会社に出会ってください。

< 先輩の声一覧に戻る