TOHO株式会社 秋田事業所 工事部 京野  圭佑

きれいに仕上がった大きな構造物を見上げるとき、
少しだけ自分を誇らしく思う。

京野 圭佑Keisuke Kyono

2015年入社 秋田事業所 工事部

TOHOに入社を決めた理由

家業である塗装業について、深く学ぶことができる会社だった。

実は就職の際に目指していたのは広告業界でした。生活の中で自然に目にとまり、人々の心を動かすところにひかれていたからです。また、広告業界のエントリーシートや入社試験はアイデアやセンスを求められるものが多く、書いたり受けたりしていてとても楽しいものでした。
しかし、本腰を入れて将来のことを考え、親と話し合った際に、自分は家業である塗装業について全く知らなかったことに気付いたのです。それと同時に「塗装」というものに非常に興味が湧いてきました。建設工事の中でも、塗装工事はその建物に命を吹き込む仕上げの工事です。そしてその建物は人々の生活の中で自然に目にとまって心を動かすものになります。これは広告と通じるものがあると思い、塗装工事を数多く手がける当社に就職したいと思いました。

現在の業務内容

火力発電所などプラント設備の塗装工事の施工管理を担当しています。

秋田営業所で、火力発電所などプラント設備の塗装工事の施工管理を担当しています。日常の細かい補修工事をはじめ、大規模改修工事の工程や予算管理、使用材料の手配、お客さまとの打ち合わせなど幅広く任せてもらっています。1年前に今の営業所に赴任してプラント設備の工事を担当するようになって初めてわかったのですが、プラントの塗装は下地処理と性能が非常に重要です。その中でも特に大切なのが空気圧で細かい粒子を発射し、既存の塗膜や錆を除去する際に行う「ブラスト」と呼ばれる作業。使用する粒子の量の多さとそれを施工する構造物の大きさには驚きました。
また塗料の性能も実に様々で日々勉強させてもらっています。この営業所は作業員の方々や協力会社の皆さんとの距離が近く、毎日顔見知りが増えていくのも嬉しいですね。

今まででいちばん記憶に残っていること

代理人として常駐していた鉄塔の塗装工事が終了し、完成した姿を見たとき。

入社2年目に東北地方の山間部にある通信鉄塔の塗装工事の現場に代理人として常駐していた時のことは今でもよく覚えています。当時は知識も経験もまだ少ない状態でしたが、現場の作業員さんにとっては元請けの立場となるため、作業の進め方など容赦なく質問が飛んできました。そのたびに先輩に質問したり、過去の資料を調べたりして、手探りで進めていきました。最初は自分の発言が全部間違っているのではないかという不安に常に襲われていましたが、多くの人にサポートしていただきながら、なんとか2ヶ月間の工事を無事終えることができました。
すべての工事が完了し、きれいに塗装された高さ30メートルの鉄塔を一人で見上げた時は、達成感でいっぱいでした。そしてホッとすると同時に、よくやったという気持が湧き上がってきました。

Messageメッセージ

TOHO株式会社 秋田事業所 工事部 京野  圭佑

就職活動は多少疑問があっても、まずは行動した方がいいと思います。その上で自分の考えを固めていくのがベストではないでしょうか。
あとは、どんなに小さなことでも興味を持ったらちょっとだけ掘り下げてみる。それだけで知識が増えるし、新たに知り合う人との会話も増えます。私はカラオケが好きで学生時代は一人でも良く行っていましたが、その時に覚えた曲が今色々な人たちとコミュニケーションを取る際に役立っています。仕事に関わらず自分の好きを大切に!

< 先輩の声一覧に戻る