TOHO株式会社 首都圏事業部 工事部

建物の未来を守ることで、人々の生活の日常を繋げていく。
改修工事は建設業界のセンターバック

2020年入社 首都圏事業部 工事部

TOHOに入社を決めた理由

様々な人と関わり感謝される職業に就きたかった

私は、小学校から大学卒業までサッカーを続けていました。
チームスポーツだったこともあり、皆と喜びを分かち合うことが出来、時には言い争いになる事も当たり前の生活でした。
改めてそういったことは、一人で何かを続けるより、人と関わっていくことが楽しいことだと感じていました。
他にも学生時代での飲食店やスポーツトレーナーでのアルバイトにおいて、一生懸命にやったことに対してお客様から『ありがとう』と言われることにも喜びを感じていました。
この二つを職業に生かせないかと思い、就職活動を行っていた中で、TOHOの会社概要や方針が自分の想いと一致したため、この会社を志望しました。

現在の業務内容

大規模修繕工事現場管理

現場の工程・品質・安全管理、居住者様対応、協力会社管理、現場代理人のサポートなどを行っています。
今はまだ入社2年目ということもあり、先輩のサポートが主なので、1日でも早く一人で現場を任せられるようになりたいと思います。今は毎日が勉強です。
その他にも今後は、2級施工管理士の資格取得と工種内容・材料の使用用途などの理解、他の資格なども取得できるように勉強も頑張り、将来的には1級資格の取得を目指して頑張っていきます。

今までで一番記憶に残っていること

居住者様に【ありがとう】と【またよろしく】と言われたこと

入社当初、サポートで就いた大規模修繕工事において、ある居住者様より、ほぼ毎日、質問、要望を頂くことがありました。その中には、自分では分からないことも多く、最初は対応に苦労をしました。
先輩社員や職人さん達からもサポートを頂き、真摯に対応するよう心掛けました。
その結果、最後の竣工時には「あなたに頼んでよかった、ありがとう。またよろしく!」と言われました。
自分が一生懸命やってきたことが最終的には、こういう形で報われる仕事なんだと思えた事が、この仕事で記憶に残っている出来事です。今後もこの言葉を頂けるよう日々頑張っています!

Messageメッセージ

TOHO株式会社 首都圏事業部 工事部

就活中のみなさんこんにちは。
自分が人生の中で一番楽しかった経験がどういう事だったのか。何故それが一番楽しかったのかを思い返してみてください。
コロナ禍で、遊びやアルバイトなど思うように出来ていない時期でも、楽しかった経験はありませんか?
その経験があなたにとっての一番のやる気になるはずです。
職種や会社概要などを見て就職活動をしている方が多いとは思いますが、何をやるにしても自分のやる気が一番大事だと私は思います。そんな中で『TOHOが自分に合う』と思った皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

< 先輩の声一覧に戻る